統合失調症 便秘 副作用と対処法

統合失調症で便秘になりやすいのは薬の副作用?より良い対処法とは?

スポンサーリンク

 

統合失調症を患っている方であれば、当然のことながら医師から処方された薬を決められた通りに服用していることでしょう。
実際に、こうした薬の服用によって生じるかもしれない副作用についても心配する声が上がっています。

 

統合失調症は精神的な病であり、辛い症状を緩和したり、悪化を防いだりするためには、抗精神病薬の服用がどうしても必要となることでしょう。

 

しかし、この種の薬の服用によって便秘になりやすくなったという人も多くいることも事実です。
そのため、安心して服用できるようにするために、それら抗精神病薬の副作用と対処法についてよく理解しておきたいと思うことでしょう。

 

多くの統合失調症を患う患者さんが、便秘になりやすくなったと感じることの原因は、薬の副作用が大きな部分を占めていると言うことができるでしょう。
もちろん、どんな薬でもその効き目が一人一人の患者で大きく異なるように、薬の服用によって生じる副作用と対処法に関しても大きく異なるものです。

 

一般的に言って、統合失調症の治療に用いられる抗精神病薬の服用で生じる副作用にはいろいろな症状があります。
中でも、代表的なものとして便秘を挙げることができます。
これらの症状は正式には、自律神経症状という名称で呼ばれています。

 

このように自律神経症状が生じやすくなる理由は、抗精神病薬の服用によって腸の働きが悪くなってしまうということが考えられます。
またそれとは逆に、腸の働きが活発になり過ぎてしまうために、水分の吸収力が非常に高まって便秘になるケースもあると言われています。

 

このように抗精神病薬の服用によって便秘が起きているとしたら、何とかしてその辛い症状を解消したいと思うものです。

 

しかし、ここで注意すべき大事な点の一つは、副作用が辛いからと言って、自己判断で薬の服用をやめてしまってはならないということです。
抗精神病薬の服用をやめてしまえば、病気が悪化する危険は増大してしまうからです。
スポンサーリンク

それで、あまりにも副作用がひどいようであれば、それら副作用と対処法について、医師に相談することが勧められています。
自己判断で薬の服用を中止することだけは絶対に避けるようにしましょう。

 

このように、統合失調症の治療として抗精神病薬を服用している場合、薬の副作用として便秘になりやすくなることがあるのは事実です。
では、こうした事実を十分踏まえた上で、考えていきたいのは良い対処法でしょう。一つの効果的な対処法は、下剤を使用するというものです。
市販されている薬の中には、一般的な下剤もあれば、それよりも作用の緩やかな緩下剤薬もあります。

 

最近では医学の発達に伴って、それら作用の緩やかな下剤も多く開発されてきました。
そのような下剤の中から、普段から服用している抗精神病薬と併用しても安全な下剤を探して使用することができるでしょう。

 

もちろん、市販の下剤を併用する前には、必ずかかりつけの医師に事前に相談して、承諾を得てから用いるようにしましょう。
また、下剤よりももっと自然な方法に頼るのもよいでしょう。

 

その一つの方法は、食事の改善です。野菜や海草など、食物繊維を豊富に含む食物を意識的にたくさん食べるようにしましょう。
仮に、これまで肉中心の食事であったのであれば、野菜中心の食事に切り替えることができるでしょう。

 

白米を玄米に変えるだけでも、かなりの効果が期待できます。

 

普段の生活の中に適度な運動を取り入れることも、良い対処法と言えるでしょう。
統合失調症の方に限らず、私たちすべてにとって適度な運動は欠かせません。
加えて、毎日規則正しい生活を送ることを心がけるなら、自然な排便が促され、より健康的な生活を送ることができるようになるでしょう。

 

統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク