統合失調症 向いてる 仕事

統合失調症に向いてる仕事ってなに

スポンサーリンク

統合失調症に向いてる仕事とはどう言う物があるのでしょうか?
それを考えるには統合失調症の方の症状から来る弱点に先ず注目して考えてみましょう。

 

「とっさの判断がしにくい」ので接客は難しいでしょう。
しかし例外として統合失調症の方の中にも接客が上手な方も稀にいらっしゃいますが、それでもある程度、手順が決まった仕事が良いでしょう。
一般的にはマイペースで出来るものがお勧めです。過度の緊張をしないためにも慌てることなくやれる物が良いのではないでしょうか。

 

「長時間の仕事の体力がない」、統合失調症の症状として疲れやすいと言うのがあります。
短い時間の仕事から始める事は必須ですし、最近は「精神障害者ステップアップ雇用」と言う物があったりしますので考えてみても良いではないでしょうか。
スポンサーリンク

大事なのは、やはり面白く出来る事だと思いますので、何でも良いですから自分で楽しくやれそうな仕事を選ぶようにしましょう。
職場がきれいとか、緑の中にあるとか、お洒落な感じが良いとか、なんでも良いですから前向きに出来る何かを見つけてみましょう。

 

最も大事なポイントですが、やはり統合失調症に理解のある職場がベストです。
できれば実績のある会社が望ましいでしょう。
統合失調症の方が一から雇用者と関係を築いて行ければ一番良いのでしょうが、それでも雇用者の理解がなければ大変です。
少しずつ小さな成功を積み重ねて行ければ自信もつきますので継続出来る事が一番ですのでぼちぼちで良いですからやって行く事です。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク