統合失調症 チェックリスト

 

スポンサーリンク

 

統合失調症に多く診られる、幻覚や妄想の症状は、本人にとってはしっかりと現実味を帯びて感じられているため、本人は病的な症状とは気付きにくいものです。 家族や周りの方が気付いてあげることが、早期発見・早期治療のきっかけになることもあります。統合失調症が疑われるときは、次のチェックリストを活用してみて下さい。

ここ1ヵ月で、以下のような症状がみられる場合、チェックしてみて下さい。

 

1 自分を責めたり命令してくる、正体不明の声が聞こえる

 

2 極度の不安や緊張感に苛まれるようになった

 

3 自分が誰かに操られていると感じる

 

4 みんなが自分に嫌がらせをしたり、中傷をすると感じる

 

5 「楽しい」「嬉しい」「心地よい」などと感じなくなった

 

6 頭の中が騒がしくて眠れない、または眠りすぎるようになった

 

7 人と話すのが億劫なり、誰とも話さなくなった

 

8 独り笑いや、独り言を言うようになった

 

9 直前のことを思い出せなくなったり、頭が混乱して思考がまとまらなくなった

 

10 部屋に引きこもり、1日中漠然と過ごすようになった

 

11 自分の考えが周りにもれていると感じる

 

12 些細なことに過敏になり、注意をそがれたり、興奮するようになった

 

13 誰かから監視されたり、盗聴されたり、ねらわれていると感じる

 

14 1つのことに集中出来なくて、とっさの判断ができなくなった

 

15 何をするのも億劫で、意欲がなく無気力になった

 

上記の項目のうちチェックの数が2つ以上あり、その状態が1ヵ月以上続いている場合は統合失調症の可能性が高いです。しかし統合失調症に似た症状を示す別の病気もあるため、自分なりの判断をしないで早いうちに医療機関を受診することをお勧めします。

 

統合失調症に似た症状が現れて来る病気
気分障害や人格障害の場合、統合失調症と似たような症状が診られることがあります。 身体的疾患の中にも精神症状を引き起こすものがあり、薬物の使用によっても統合失調症のような症状を現すことがあります。統合失調症の診断には、これらの病気としっかり鑑別することが求められます。

 

気分障害
うつ病に代表される気分障害においては、双極性障害(躁鬱病)の躁状態のが統合失調症の陽性症状と酷似していて、うつ状態が陰性症状のような状態を呈するため判別がつきにくいケースがあります。しかし統合失調症が「思考する機能の障害」なのに対して躁鬱病は「気分の障害」のためその時の気分によって症状が変化する特徴があります。 また、躁状態とうつ状態が入れ替わる間の期間では、正常な機能が回復することから統合失調症との違いを見極めることができます。統合失調症では、陽性反応と陰性反応の明確な入れ替わりはなく、正常な機能水準が回復することもありません。

 

人格障害
人格障害の中には統合失調症と非常によく似た症状を示す、統合失調症型人格障害があります。統合失調症型人格障害による症状のために統合失調症を引き起こすことがありますが、主に陰性症状が発現するため統合失調症の診断基準には該当しません。 大多数の人と違う反応や行動をしたり、物事の捉え方や感情、衝動のコントロール、対人関係における機能の偏りから障害が起こるもので、一般的に統合失調症より穏やかな症状を呈します。治療によって改善する可能性が高いことも、特徴と言えるでしょう。

 

脳腫瘍
統合失調症では聞こえるはずのない声が聞こえる幻聴が特徴的に現れますが、見えるはずがないものが見える幻視の症状は比較的少ないことが解っています。幻視の症状が出た場合は脳腫瘍を併発している可能性があるため、早い時期に専門医の診断をあおぐことが必要不可欠です。

 

ウイルス性脳炎
ウィルス性脳炎の臨床症状には統合失調症など、機能精神疾患の症状とよく似たものがあります。日本脳炎、単純ヘルペス脳炎、インフルエンザ脳炎が代表的で、風邪に似た症状から始まって急激に進行し高熱や酷い頭痛、嘔吐などの症状が現れます。 重症化すると脳に致命的なダメージをもたらして、治療後も記憶障害や言語障害の後遺症が残ってしまうことがあります。命に影響を及ぼすこともあるため、自分の判断で統合失調症と決めつけずに専門の医師の診察を受けることが必要不可欠になります。

 

てんかん
てんかんの発作症状は別の病気と似ていることがあるため、良く間違われます。 一般的に「てんかん発作」は突然意識を失ってしまう症状と思われていることが多いと思いますが、短い発作では一瞬考えられなくなるなどの意識減損発作を引き起こします。そのため「言葉や文字が頭に入らない」「本を読んでも内容が判らない」「相手の言葉が解らなくなった」というように本人に自覚されます。 てんかんを見過して統合失調症と診断した例でも、処方した抗精神病薬がまったく効かなかったことから、はじめて「てんかん」を疑ったというケースがあります。

 

薬物使用による精神症状
統合失調症の検査では、麻薬や覚せい剤の使用によって幻覚や妄想が発現していないか調べることが必要です。また病院で処方してもらう薬剤の中にも精神症状を引き起こすものがあるため、これらについても服用したのかどうか確認する必要があります
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク