統合失調症 生活保護

統合失調症になった場合の生活保護について

スポンサーリンク

統合失調症と生活保護について
生活保護を受けるにある程度の条件があり、誰でもが受けれる訳ではありません。
条件としては、
1,働く意思はあるが、仕事がない(収入が少ない)
病気やリストラなど理由があって働けない場合。
あるいは、働いていても収入が非常に少ない。
2,活用できる財産・貯金・公的制度などがない
障害者年金など使える制度があれば、そちらの申請が優先です。
貯金や売却できる不動産、株などがある場合は、そっちを切り崩して生活しなければなりません。
3,お金を援助してくれるご家族や親せきがない
ご家族が養ってくれるなら生活保護は支給されません。
※もし保護を申請する人に「申請者を扶養する義務のあるご家族」がいる場合、ご家族が仕送りなどを断れば保護が受けられます。
また、年金などを支払ってない場合、障害年金が支給されませんので、生活保護に頼るしかありません。
統合失調症の場合、働けなくなるケースが殆んどですので、上の条件に該当すれば生活保護が適用されます。
スポンサーリンク

生活保護の扶助
生活保護には、いくつかの扶助があり、生活扶助、住宅扶助、生業扶助等の自立した最低限の生活を営めるよう、金銭による支給と、医療扶助、介護扶助などの現物給付があります。また、統合失調症のような障害者は、「障害者加算」があり別に加算が受けられますが、障害年金を受給している方の場合は、それ相当の金額が減額される仕組みです。

 

生活保護を受けて安定した生活をして行く事は大切なことですが、それがきっかけになって「働く意欲」が低下してしまい、働かなくなる場合もあります。また、統合失調症の人の中には、金銭管理をする能力がなく、支給されたお金を1日で使ってしまい、後々生活ができない状況になる場合や、金銭の貸し借りからのトラブルが発生する場合もよくある事です。

 

ですから、お金の管理をしてくれる人や指導してくれる医療機関を利用する事が、統合失調症の方には必要となります。統合失調症の認知機能の障害っも考えたうえでの金銭管理の訓練を実生活に生かせることが理想です。そのためには、医療機関においてのリハビリなどに積極的に参加する事が大切になってきます。

 

申請手続きは本人が居住地域の役所にある福祉事務所で行うのが原則で、本人が入院などで申請できない場合は家族や親戚の人に申請手続きをしてもらいましょう。病院や役所の民生委員などから連絡があれば、福祉事務所から手続き担当者が申請者のところへ出向いてくれます。
申請は多少、面倒な手続きですが、生活保護の該当者となれば、申請の日から受給できる場合もあり、便利で大変助かる制度です。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク