統合失調症 ドーパミン 薬

統合失調症におけるドーパミンと薬の関係について説明します。

スポンサーリンク

 

統合失調症のドーパミン仮説を知っておこう
脳内で働いているいろいろな物質を調べる研究は生化学的研究とよばれ、医学界ではさかんに行われてきた研究分野の一つです。
統合失調症においても、それ特有の脳内の物質の変化を調べようと多くの研究が行われています。 統合失調症では、その治療薬の作用を手がかりにして研究が行われてきました。 統合失調症に対しては抗精神病薬とよばれる薬が有効であるのですが、 この抗精神病薬が脳内でどのように働いているかを調べることは、動物実験でも研究できます。 抗精神病薬が開発されてしばらくしてから、この薬物は神経伝達物質であるドーパミンの受容体を阻害する働きを持っていることが分りました。とくにドーパミン受容体の中でも2型とよばれる受容体を遮断します。
つまり、ドーパミンが受容体に働いて次の神経細胞に情報を伝えるのを、抗精神病薬は遮断しているのです。 このことから、逆に統合失調症ではドーパミンの機能が過剰になっているのだろうと推測されました。 これを統合失調症のドーパミン仮説と言います。
ドーパミンは統合失調症の陽性症状と陰性症状に大きく関わっています
統合失調症を考える上で重要となる神経伝達物質としてドーパミンがあります。このドーパミンの分泌量に異常が起こることによって、統合失調症を発症するのです。
統合失調症ではドーパミンが過剰になることによって症状が引き起こされます。特に陽性症状が表れているときはドーパミンが過剰になっています。ドーパミンが過剰になることによって、幻覚や妄想などの症状が引き起こされます。
スポンサーリンク

このことから、ドーパミン量を減少させるように働く薬は統合失調症による陽性症状を改善させる事が分ります。
しかしながら、脳の全ての経路でドーパミンが過剰になっている訳ではありません。統合失調症によってドーパミンの分泌が過剰になっている部位は脳の中でも中脳辺縁系と呼ばれる部分です。
その一方で、ドーパミン機能の低下が起こっている部分も存在します。このような部分として中脳皮質系があります。陰性症状では意欲減退や集中力の低下が起こりますが、このドーパミン量の低下が陰性症状を引き起こすと考えられています。
そのため、「ドーパミン量が過剰になっている陽性症状」と「ドーパミンが減少している陰性症状」があるため、統合失調症では相反する症状が診られるようになるのです。
一般的に、陽性症状には薬物投与が有効なのは、ドーパミンを抑制する薬の開発が進んでいるのと、 陽性症状を改善させるためにドーパミンを過剰に阻害すると、中脳皮質系のドーパミンまで抑えてしまうので、陰性症状を強く引き出してしまうためです。
統合失調症はドーパミンだけでなくグルタミン酸やセレトニンなども関わっており、これからの解明を望まれています。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク