統合失調症 症状 判断

統合失調症の症状を判断する基準とは?

スポンサーリンク

統合失調症は症状の現れ方が様々であるため、発症初期の症状があまり目立たない時点では統合失調症と気づかない場合が多いです。
統合失調症は早期発見、早期治療ができれば、それだけ良好な予後が期待できる病気ですので、少しでも疑われる場合には精神科の方を受診することが重要になります。
統合失調症は本人に病識が無い病気ですので、受診を拒否することが少なくなく、本人をどのように説得して受診させるかは多くの家族が悩む問題になっています。
本人を、なかば騙す形で受診させるケースがみられますが、その場合、本人が家族や病院に対してひどく不信感を抱き、その後の治療がうまく進まなくなる原因となりますので、できれば根気よく説得して受診させることが大事です。

 

統合失調症の診断では、本人または家族との問診を中心に進められます。
「どのような症状が現れたのか」「その症状はいつから始まったか」「症状がどのように経過したか」「社会・生活にどの程度の支障がみられるか」を診て行きます。
この他にも、生育歴、既往歴、家族歴などの情報も診断には必要なものです。
本人に病識がないため意思の疎通が難しかったり、対人不信が強く拒否的な態度がみられることで、特に陽性症状の場合、興奮状態にあると本人への問診が困難となります。
その場合、家族への問診を中心に進められます。
統合失調症の診断は、診断基準を参考に行われます。診断基準としては、WHO(世界保健機関)の国際疾病分類である「ICD-10」と、米国精神医学会の「DSM-IV」の2つが使われています。
これらの診断基準では、統合失調症にみられる症状を記述した診断項目をあげて、それらに当てはまる項目がいくつあるかによって決める仕組みになっています。
DSM-IVの診断基準では、陽性症状または陰性症状が2つ以上みられ、認知機能障害による社会的・職業的機能の低下を含めた状態が6カ月間持続している場合に統合失調症の可能性があると診断されます。

 

統合失調症の診断基準(DSM-IV-TR)
※特徴的症状、下記のうち2つまたはそれ以上が該当し1カ月以上持続する場合
(1)妄想
(2)幻覚
(3)まとまりのない会話(例:頻繁な脱線または滅裂)
(4)ひどくまとまりのない、または緊張病性の行動
(5)陰性症状、すなわち感情の平板化、思考の貧困、または意欲の欠如
※社会的または職業的機能の低下
障害の始まり以降の期間で、仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能が病前に獲得していた水準より著しく低下している。
または、小児期や青年期の発症の場合は期待される対人的、学業的、職業的水準まで達しない
※期間
障害の持続的な徴候が少なくとも6カ月間存在する。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク