統合失調症 EE

統合失調症におけるEEとは?(問題提起編)

スポンサーリンク

 

最近、統合失調症やうつ病など多くの精神疾患において、再発率を5倍も上げてしまう要因として「高EE」というものが指摘されています。これは精神疾患を持つ患者さんに対する家族の接し方を表している用語です。患者さんにとって最も身近な存在であり、一番の理解者でなければならない「家族」が患者さんに対してどう接するかによって、再発率は大きく変わってくると言う統計が出ています。世界中の多くの研究で高EEの家庭は低EEの家庭に比べて、再発率が4〜5倍に上昇するとの報告があります。ここで言うEEとはどのような事を意味しているのでしょうか。また、EEを下げて再発率を低くするためには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。新しいキーワードEEとは何かを説明しながら、統合失調症やうつ病などの精神疾患を抱える患者さんと周りの家族のお互いの接し方について考えて行きたいと思います。
EE(Expressed Emotion)とは?
EEはExpressed Emotionの略で、日本語においては「感情表出」と訳されています。意味合いとしては、患者さんにとって苦痛となる家族の感情表出を言います。
EEとは1960年代のイギリスで提唱された概念で、当初は統合失調症の再発率に関係する因子として注目されました。
スポンサーリンク

入院治療後を終えて、統合失調症の患者さんを家庭に戻した時に、すぐに再発してしまう患者さんと、再発しにくい患者さんがいる事る事は、以前より医療現場では周知の事実でした。この理由について詳しく調査したところ、家族が患者さんに対し批判的感情を持って接していたり、無視をしたり攻撃したりする敵意ある感情で接していたり、患者さんを過度に気遣いすぎて情緒的巻き込まれて精神的、肉体的に疲弊して結局、患者本人に辛く当ってしまう事になります。
以下の3点が感情表出の具体例になります。
1、批判、例えば「ごろごろ寝てばかりいていい加減にしろ」とか「甘えてるから、お前は駄目なんだ」と言う批判的な言葉や行動。
2、敵意、患者本人を無視した行動や暴力や脅しなどの行動。
3、情緒的に巻き込まれすぎる、患者本人の言動や行動に振り回されすぎる状態。
最近ではEEは、統合失調症だけではなく、うつ病や躁うつ病などの多くの精神疾患に関係することが分かってきました。どの精神疾患でも高EEの家庭は低EEの家庭に比べて、4〜5倍再発率が高くなるという結果になっています。精神疾患を患っているご家族がいらっしゃる家庭では、家庭のEEを低くすることが、再発予防に非常に大切なのです。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク