統合失調症 暴力 対応

統合失調症、暴力に対応するには

スポンサーリンク

 

陽性期の妄想や幻聴から起きる暴力に対して、家族がどう対応すれば良いのかを考えた場合、これと言った決まった対処方ではなく、ある程度、臨機応変に対応する必要があります。プロである、精神科の医師や看護師さんが、普段どのように対応しているかを知る事によって参考にして学んで行きましょう。
先ず、暴力につながる妄想とはどういったものかを知る必要があります。統合失調症における妄想とは、本人は現実として認識しています。どういったことから暴力に発展するか、注意すべき危険要因を挙げます。統合失調症の暴力、暴言は、幻覚と妄想が引き金になることがあります。本人も幻聴などでコントロールされる場合があります。その場合、本人もやはり恐怖心がありますのでパニックに陥っている状況になります。
暴力的になりやすい場合の行動としては、落ち着きなく動揺・混乱している時、喜怒哀楽の感情が表に出ている時、ものに当たったり、歩き回っているときは注意が必要です。大声で叫ぶ、拳に力を込めて何かを我慢している様子や普段と違って筋肉を緊張させているときも、攻撃性が高まっていると考えられます。
スポンサーリンク

病院における、対処法としては暴力を鎮めるには、本人を落ち着かせることが第一です。気持ちに共感し、信頼関係を作り、会話による問題解決の方法を探ります。初めから攻撃的で興奮して暴れてしまうより、だんだんとエスカレートして暴力を振るうことが多いので、その前に対処いくことが大事です。
本人の幻覚・妄想がひどくて、それに振り回されているときや入院を望まないのに無理やり病院に連れて来られた場合などは、本人も恐怖が先に立って、家族や医師・看護師も自分にとって敵対者と思ってしまうことがあります。恐怖を持っていることを理解して、「あなたを助けたいんだと」と言う、姿勢を示すことです。もっとも緊迫した場面でこそ、当事者を尊重し、言葉かけをし、味方である事を表す事が大事です。そして、本人の気持ちに配慮することが大切です。幻覚や妄想を否定するのではなく、本人にしてはリアルな物である事を認めて、本人のプライドを尊重して対応する事が大事です。しかし、あまりに暴力が激しい場合は警察の手を借りる決断も必要です。警察もこのような事例には慣れていますので、適切に対応してくれます。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク