統合失調症 頭痛 原因

統合失調症と頭痛って関係あるの?原因は?

スポンサーリンク

 

統合失調症において頭痛が発生する事もあるようですが、その原因はいったい何なのでしょうか?
頭痛が酷く、統合失調症の方、またはその疑いのある方は是非チェックしてみて下さい。

 

統合失調症における頭痛には、二つの原因があります。

ストレスに起因するものと体で感じられる幻覚としての頭痛です。

 

頭痛というのは、ストレスが原因で起こる事もあります。
統合失調症はストレス脆弱性というのがあってストレスに対して非常に弱い病気であるといわれており、そのストレスから頭痛がしてしまうという事もあります。
昔から頭痛持ち、頭痛の種などという言葉があるように、ストレスによる頭痛は皆さんが知る所でしょう。

 

ですから、ストレス脆弱性のある統合失調症にはそうした人が多いと言えます。

 

体感幻覚というものは、読んで字のごとく、体で感じられる幻覚としての頭痛です。

 

幻覚ですから、ただの頭痛ではなく、頭の中に虫がいるとか、脳がサラサラになって崩れて行くと言うような、イメージを伴う独特の頭痛である事が多いです。

 

ストレス起因の頭痛の場合は多少は頭痛薬も効き目があるようですが一般の頭痛の時ほどは効かないようです。
体感幻覚の場合は殆んど効かないと言って良いでしょう。

 

この場合は頭痛薬ではなく精神薬でコントロールする必要があります。
ストレスが原因の場合は、興奮を抑えたり、イライラを抑えたりする薬が有効になります。
体感幻覚 である場合は、不安感を抑えたり、幻覚そのものを抑制する薬が有効になります。

 

精神薬を使う場合は、精神科での受診が必要になります。
統合失調症と頭痛は非常に密接な関係にあります。
自分で判断しない事が重要です。

 

まとめ

統合失調症における頭痛は一般的な頭痛よりも複雑で根が深いものです。
頭痛薬などで簡単に治せるものではありません。

 

担当医や専門家にアドバイスが無いと治療は前に進む事は出来ないと言って良いでしょう。
また自分や周りに統合失調症が疑われる人がいて頭痛薬でなかなか治らない頭痛が症状としてあるのなら迷わずに精神科での受診を是非にもお勧めします。
早期に治療すれば予後も良くなります。

 

統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク