統合失調症 再発 前兆

統合失調症の再発の前兆ってあるんですか?

スポンサーリンク

 

統合失調症の治療中に再発の前兆ってあるのでしょうか?

もしあれば早めの処置も可能ですし、再発にまで至るのを防げるかもしれません。

 

研究によると自覚症状としては、気分が暗くなるいらいらする眠りが浅くなる高揚した気分になる、などがあるようです。
しかし、人によって出かたが違いますので、自分のサインを見つける事が必要です。

 

自分の前兆に気づいたら、主治医や専門家と相談する、よく眠る、ストレスを避ける。
一時的に薬を増やすなども効果的なようです。

 

自分の前兆に気づけるようになるには、専門家と相談しながらの練習が必要ですので、主治医やカウンセラーと頻繁コミュ二ケーションをとる事が大切です。
再発の前兆が出たときに、どんなふうに周りに対してSOSを出すかが重要になって来ます。
休養したい、ストレスを避けたいと言っても、自分だけではなかなか思うようにならないことが多いので、周りに助けてもらう必要があります。

 

周りの方の理解が一番の決め手になります

会社をちょっと早引きさせてもらう、という場合であっても、周囲の方へ働きかける必要がありますよね。
前触れに気づいてうまく対処できれば、再発に至らなくて済むことがありますので、SOSを伝えると言う事は本当に大事です。
自分から発信して理解して貰うようにしましょう。

 

統合失調症の方の周りの家族が再発防止のために出来る事ですが、最近「感情表出」という言葉を使って統合失調症の再発予防についての説明を良く聞きます。

 

再発をしやすい患者さんと、そうでない患者さんがいるけれども、どこに違いがあるんだろうと言うことで、研究されて分かってきたのです。

 

家族に限らず周りの人、会社や病院の関係者などの、周りの人たちが、統合失調症の人に対して刺激になるような感情を出していくことが、再発しやすさに関係すると言う事です。

 

家族や周りの方たちも、統合失調症の方と関わる時に、イライラしたり、また思い過ぎて、ついつい自分の感情を本人に対して表してしまうことがあります。
それが本人のストレスになって再発しやすくなっているようです。

 

再発予防のために家族に出来る事は、再発の前兆に気をつける。
本人は調子の変化に気づけないこともありますから、周りが気を配る事が必要です。

 

それと大事なのは、家族自身が自分の生活を楽しむ事です。
和やかな雰囲気の中で生活をするのは誰でも気持ちが良いものです。
そのためにも、心配ごとを気楽に話せる友人や仲間が必要なのです。

 

統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク