統合失調症 女性 特徴

統合失調症の女性の特徴とは?

スポンサーリンク

 

統合失調症の女性の特徴とはどう言った事が上げられるのでしょうか?統合失調症は、100人に1人程の割合で発症する精神疾患の一つです。統合失調症は、その原因が完全には解明されていない精神疾患ですが、現在の研究では、ある特定の原因が一つあって発症するという訳ではなく、複数の原因が重なった結果発症するものだと考えられています。統合失調症発症の要因となるものとしては、遺伝によるもの、出生時の要因には、出産時のトラブル、父親の高年齢による影響、出産した季節なども関係がある可能性があるとうです。環境、ストレスに対する脳の脆弱性なども指摘されています。また、発症前の性格も統合失調症の発症のしやすさに関係することが統計的に分っています。統合失調症の原因に性格が関係しているならば、統合失調症になりやすい性格・なりにくい性格というのがあるのでしょうか。また、それであれば、性格を変えることで統合失調症の発症を予防できる事が可能なのでしょうか。また男性と女性では違いがあるのでしょうか。

 

男性の場合の統合失調症になりやすい性格として、無口、内気、ひきこもりがち、孤独なタイプが多いとしています。
女性の場合の統合失調症になりやすい性格として、怒りっぽく、敏感、神経質、強情なタイプが多いとしています。
男性と女性でタイプが違う統計が出ていますが、これは、外で活動する男性と主に家庭内で活動する女性では社会的立場の違いがあるからと思われます。両者に共通して言える事はそれぞれの立場で孤立しやすい、また溶け込みにくいと言う事が、上げられます。現在の研究によると、発症前の性格も症状の一部である事がだんだん分ってきました。そう考える方がつじつまが合う事例が多いのです。女性の発症率は、男性に比べ、3分の2と男性より低いという統計が出ています。女性の場合も統合失調症の症状の出かたは男性とほとんど変りませんが、男性の場合よりヒステリックになり、物事に対しても頑固に自分を貫く所があるようです。たはり発症前の性格がでてくるようです。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク