統合失調症 入院 説得

統合失調症、入院の説得ってどうしたらいいの?

スポンサーリンク

 

統合失調症の方は、本人に病識が無いと言う特徴があります。そのために入院させる段階で様々なトラブルが発生するようです。統合失調症の初期に起こる陽性症状は、幻聴、幻覚、妄想などの症状がでるため、周りの家族がそれに振り回される事になります。本来は症状の軽いうちに、精神科での検査を受けるのが一番良いのですが、本人に病識が無いものですから、精神科へ検査のために連れて行こうとすると、抵抗するのが殆んどの場合です。しかし、早期に適切な薬物療法を行わないと病気は良くなりません。治療までの時間が長くなればなるほど症状は悪化する一方なので、説得はより困難になります。本人が納得して来院する場合よりも、家族が心を鬼にして連れて来る場合の方が多いのが実情です。本人を半ばだます形で病院へ連れて行くケースもありますが、これは家族や病院に対する不信感を募らせてしまい、その後の治療にも影響してきますので望ましくありません。できれば、本人が納得するように説得するのベストですが、その際の大事なポイントはなるべく病気に焦点を当てるのではなく、「具合が悪そうだから」というように症状に焦点を当てると受け入れてもらいやすくなるようです。
スポンサーリンク

まったく病識がない人もいますが、実は本人もどこかおかしいと感じているけれどもそのことを認めたくないために拒否している場合も多いようです、できるだけ本人が辛いと感じている症状に焦点をあてて説得してみて下さい。
家族が説得しても駄目な場合は、保健所に職員を派遣してもらい話をしてもらうのも一つの方法です。精神科の方へ電話をして相談してみる事も試みて下さい。プロにお任せした方が良い場合もありますので、家族だけで悩むよりは有効な手段でしょう。統合失調症の場合、強制入院のさせるのであれば、家族だけで連れて行ければ良いのですが、それもが困難な場合は最終的な手段として移送の制度があります。移送は公的な移送と民間業者が行う民間移送があります。公的な移送の場合は、入院が必要な精神疾患持つ人に対して知事の権限によって行われるものですが、現状では自殺の恐れや・他者に危害を加える恐れのある患者しか対応していない自治体の方が多いようです。民間移送の場合は料金が掛かりますが、必要であれば使う事も已む無しです。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク