統合失調症 対応 職場

統合失調症の人への対応の仕方、職場においては?

スポンサーリンク

 

統合失調症の人への対応の仕方を職場においてはどう対応したら良いのかを考えてみましょう。
その人それぞれの持って生まれた性格や育った環境、能力にも関係するのは、健康な人も同じですが、統合失調症の人の場合はその症状の進行具合も大きく仕事に影響します。しかし、仕事が出来る状態でないと就職はしてこない筈ですので、面接採用する場合は担当医と本人の症状について事前にしっかり確認しておくべきです。
統合失調症の人を採用する場合、大事な事はオープンにすることです。事前に社員への統合失調症の認識教育は是非行って下さい。病院の方のケースワーカーも来て頂いて、ミーティングが持てたら一番良いでしょう。
また、統合失調症の人の場合、その病気の特徴から臨機応変な能力が必要な仕事や、スピードが要求される仕事には向きません。統合失調症の人は、とっさの「対応」や「変化」に弱いという特性は理解して頂けたらと思います。ある程度の目安となる条件がありますので、以下に説明します。
スポンサーリンク

1、手順が決まっている仕事が取り組みやすいです。
2、マイペースで出来る仕事が好ましいです。スピードを要求される仕事は統合失調症の人のストレスに対する脆弱性のため向きません。
3、接客が無いか、決まった手順で接客が出来る事が好ましいです。接客が多い仕事の場合、どうしても臨機応変な対応や変化を前提とした仕事が多くなりますので、その場面を自力で切り抜けるのは無理でしょう。
4、フルタイムの労働は統合失調症の症状の特性上、精神的にも肉体的にも無理ですので、その辺は理解して頂いて短時間の仕事をお願いします。
周り方のの理解と協力がなければ、統合失調症の人が仕事を持つと言う事は、出来ません。統合失調症の理解へ向けての情報発信がこれからは重要になってきますし、統合失調症の人が職場で実際に働いている数が増えればもっと色々なやり方も見えて来るのではないでしょうか。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク