統合失調症 接し方 職場

統合失調症の接し方、職場において

スポンサーリンク

 

統合失調症の方が復職または新しく職場に入ってこられた時の接し方について考えてみましょう。
やはり貴方に先ずやって頂きたいのは、統合失調症を理解して頂く事です。
統合失調症は理解するには難しい病気だと言う事は初めからある程度覚悟して望まれた方が良いと思います。
統合失調症の症状を理解した上でなければ仕事として成り立たないでしょう。

 

仕事においての統合失調症の方は、まず例外なく体力がありません、気力においても弱いです。
これは病気から来るものですから、根性とか忍耐とかの精神論は通用しないと言うか、気持ちでどうにかなる病気ではない事は理解してあげて下さい。
ですのでフルタイムで働く事はまず無理です。
1時間、2時間のレベルから始めてもらえたら無理が無いと思います。
スポンサーリンク

 

仕事の段取りに関してですが、統合失調症の方が自身で段取りするのは難しいです。
手順の決まった仕事をマイペースでやらせて頂けたら一番良いと思います。
2つ以上の仕事を同時にこなすのも難しいでしょう。
使いっぱしり的な仕事はかえって心理的、身体的にもストレスになりますので避けて頂けたらと思います。

 

勿論、個人差はありますが少しづつ段階を踏んで長い目で見て頂けたら良いでしょう。
初めは仕事というよりもコミュニケーションに慣れて、身体も体力をつけると言うより仕事をする事に慣れると言う風に理解して頂けたら良いかと思います。
仕事ですが、和やかな環境でやって行けるように職場全体で考えて行けたら健康な方にも良い刺激になると思います。
明日は我が身と思って理解してやって頂けたらと思います。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク