統合失調症、遺伝、兄弟

統合失調症の遺伝について兄弟では?

スポンサーリンク

 

統合失調症と遺伝は関係するのでしょうか?
現段階では少しですが遺伝も関係しているとしか言えません。
貴方の家族に(両親、兄弟)統合失調症の発症者がいるとすると貴方の発症する確率は10%ほどになります。
社会全体の発症率が1〜1.2%ですから10倍高くなると言う事になります。
高いととるか低いととるかは人によって異なるかもしれません。
長い歴史の統計から、一卵性双生子を例のとると、双子のうち片方が統合失調症を発症した場合、もう一人が発症する確率は50%だそうです。
一卵性双生子ですから遺伝的にはまったく同じのはずですから遺伝だけを考えれば100%になってもおかしくありませんので遺伝だけが原因ではない事が分ります。
スポンサーリンク

一卵性双生子の50%をどうとるかも意見が分かれるところです。
貴方の家族に統合失調症の発症者がいるとしても、それを気にする事無く暮らして行けば良いと思います。

 

統合失調症になりやすい人は、素質的にストレスに耐える力が弱く、もともと純真で、内気、引っ込み思案、神経質など内向的な性格の人が多いようです。
友人が少なく、社会生活体験も乏しく、ストレスに耐える力が充分に育っていない人がなり易いといえます。

 

自分を変えるのは大変ですが、それが出来れば統合失調症を予防できる事が出来るかも知れません。
予防の立場から統合失調症を考えてみる事もこれから大事になって来るでしょう。
発症してからでは能力的に難しいかも知れませんから今から考えておく事が大事でしょう。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク