統合失調症 アスペルガー症候群 併発

統合失調症のアスペルガー症候群、併発について

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とはどのような症状があるのでしょうか。
アスペルガー症候群は脳の前頭葉の異常が原因で起こる症状です。
アスペルガーについてはいつが発症時期ということは明確に判明しておらず、おそらく生まれつきなのではないかと考えられています。
現在は自閉症のタイプの一つとして認知されています。

 

アスペルガ―症候群の人(統合失調症より発症年齢は低いのでこの場合は子供も含みます)は、どの様な特徴があるのでしょうか。
@他の人と社会的関係を持つ事が苦手で空気を読んだりどのように振る舞えば良いかが分らない。
Aコミュニケーションをとるのが苦手でどのように言えば良いか、相手の言葉をどう解釈すれば良いかが分らない。
B想像力と創造力に欠けるためママゴト遊びの様な「ごっこ遊び」が苦手である半面TVゲームのような直接的な遊びは比較的得意とする。

 

以上の様に明らかに統合失調症とは異なる事が分ると思います。

 

統合失調症とアスペルガー症候群の併発とは?

アスペルガー症候群の人は比較的、高機能障害と言って勉強などの成績が普通以上の人も結構な確率でいる事も事実です。
人とのコミュニケーションをとるのが苦手な分、他の部分が発達する事もあるのでしょう。

 

順番で言えば、発症年齢からも分る通りアスペルガ―症候群の人が統合失調症を併発すると考えるべきです。
統合失調症を併発したからと言ってアスペルガー症候群の症状が悪化すると言うことはないそうです。
まったく別の病気として認識すべきでしょう。
逆にアスペルガー症候群の人は知的能力が高い分、統合失調症を患っても回復の経過が良い場合も多いようです。

 

関連サイト アスペルガー症候群の障害の特徴とは?


統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク