統合失調症 仕事 支援

統合失調症の方への仕事の支援があります

スポンサーリンク

統合失調症の方が仕事復帰を望んで、自分で動いてもなかなか上手く行かないのが実情のようです。
本当に軽度の方ならクローズ(統合失調症である事を隠す事)での就活も可能ですし仕事も見つけやすいのかも知れませんが、薬を服用しながらなら自分での就活はかなり大変です。
現在は様々な民間の就職支援センターがありますので頼った方が良いと思いますし、収入のない方のために、資金面でも優遇してくれています。
やはり面接からクローズではなく、オープン(統合失調症である事を公表する事)でした方が後々本人も無理する事なく働く事が出来るので良いと思います。

 

ハローワークでも「就労支援活動」を、地域の障害者職業センターと力を合せて行っていて、事業者に「補助金」という形でインセンティブを与え、障害者を雇ってもらいます。
中小企業の採用は統合失調症の方に関してはまだまだ少ないですが、法律等の改正で改善されて行くと思います。
スポンサーリンク

国の行っている精神障害者社会適応訓練事業を利用して見るのも良いかも知れません。
社会適応訓練とは在宅精神障害者の方が、一定の期間、協力事業所(職親)のもとに通い、作業を通して集中力や対人関係能力、環境適応能力等を養うことにより、一日も早く社会復帰されることを目的としています。
社会復帰に意欲のある通院中の精神障害者の方で、保護者の同意が必要となります。
「社会適応訓練申込書」に所定の事項を記入し、主治医の意見書を添えて、厚生センター・支所に提出する事で参加できます。
訓練期間は6ヶ月ですが、3年を限度として更新ができます。
月1回は厚生センター・支所または病院のソーシャルワーカーが訓練先の協力事業所を訪れ、あなたに対しての指導や援助をします。

 

一人で動こうとせず頼れる物は頼った方が、行く行くは本人のためになります。
家族がいらっしゃるなら一緒に協力してもらえた良いでしょう。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク