統合失調症、仕事 復帰

統合失調症からの仕事に復帰まで

スポンサーリンク

 

統合失調症を発症した場合殆んどの人が休職しなければならない状況に陥ります。
最近では精神科も関係方面、マスコミなどの働きかけによって、ひと昔前としたら身近な物になったますので、統合失調症も早期治療が実施されつつあります。
そのため復職率も7割を超えているそうです。
それで寛解した後、元の職場に復帰した人達も少なからずいらっしゃいます。
最近では病院でもデイケア施設が充実して来つつありますので、働く感覚を取り戻したなら、やはり働きなれた元の職場ならストレスもあまり感じずに復職する事が出来るのではないでしょうか。
スポンサーリンク

元の職場の戻るにしろ、新しい環境で働くにしろ、やはり大事なのは雇用者側の理解ではないでしょうか。
障害者の社会復帰は社会の理解が浸透して来ていますので、日本においてはかなり進んでいると思いますが、統合失調症に関してはその病気自体がまだまだ解明の途上という事と、体の障害と比べ目に見えない分解りにくいようです。
それと最大のネックになっているのは、統合失調症の方の場合、仕事で一番重要なコミュニケーション能力に多少難がある事でしょう。
今の日本の現状では雇用者側に理解があっても仕事その物が統合失調症の方向きではない事で、雇用したくても出来ないのが実情ではないでしょうか。

 

これからの課題として、統合失調症の方が取り組みやすい仕事の開発も必要になって来ています。
勿論、統合失調症の方の前向きな取り組みも必要ですが、仕事自体を見直せばお互いの利益になる方法がきっとあるはずです。
統合失調症を理解するためのお薦め書籍
知ることから理解が生まれます。
理解できれば不安が小さくなります。

スポンサーリンク