統合失調症 治療 薬

統合失調症の治療と薬について記事一覧

スポンサーリンク統合失調症の治療に用いられる薬は、抗精神病薬と呼ばれていて、現在十数種類ほどあります。この薬を服用することにより、感情の不安定、妄想、幻覚、思考の障害などの症状を軽くすることができます。脳の中でいる起こっている情報伝達機能の乱れを改善させることによって、症状が抑えられると考えられています。日本では、現在十数種類の薬が治療に使われています。統合失調症治療薬の特徴とは現在使われている抗...

スポンサーリンク電気けいれん療法(ECT)ってどんな治療なの?ECTは重い精神障害の方に行われる治療で、難治性と言われる治療薬の効果があまりない人に行います。その他に、以前にこの治療法で効果があった方に対して行います。ECTでは、治療器からごく短い時間、こめかみにつけた電極を通して電流が脳に流れ、人工的に発作(けいれん)を起こさせます。「電気けいれん療法」と呼ばれる由縁です。これは、ECTが開発さ...

スポンサーリンク統合失調症の3大症状として「陽性症状」「陰性症状」と並んで、注目されるようになってきたのが「認知機能障害」です。認知機能というのは、記憶、思考、理解、計算、学習、言語、判断などの知的な能力の事ですが、私たちは自然にこなしている事が認知機能障害になると出来にくくなります。認知機能が低下すると、勉強、仕事、家事などのにも支障をきたす様になります。例えば新しい仕事、勉強が覚えられないとか...

スポンサーリンク残念ではありますが、統合失調症患者のおよそ10%が自殺すると言う統計も出ています。「陽性症状」の時の幻聴が死を促すような事もありますし、「陰性症状」の時の抑うつ症状も、自殺衝動の原因になっているようです。また統合失調症の方の平均寿命も日本人の平均寿命に比べ15歳〜20歳短いと言う統計も出ているのは事実ですが、他の命に関わる病気に比べたらそう深刻に考えないで良いと思います。10%の自...

スポンサーリンク断薬は統合失調症を患っている方の一番の願いではないでしょうか。薬による副作用はやはり経験しないと分らない様ですが、人によってはそれが大変な苦痛なのだそうです。ごく稀に断薬に成功した方の話を聞く事がありますが、一般的には寛解後も服用するのが安心であるとされていいます。初めの発症から症状が落ち着いて自分で薬の量を調整したり、飲まなかったりする事で再発症すると、以前より良くなる事は難しい...

スポンサーリンク統合失調症の新薬が実際に使われるまでには数々の治験、検証が繰り返されます。先ずは人ではなく動物実験から始まり、新薬の効果と副作用を何度も確認します。それがクリアー出来たら今度は人に対しての効果、副作用実験が開始されますが、3段階に分けて行われます。@第一相試験健康な人に対して行います、薬量や投与の仕方を変えて様々な角度から検証実験を行います。そこで重大な副作用や問題が認められなけれ...

スポンサーリンク統合失調症の薬の副作用で太る事もあります。統合失調症の患者さんにとって統合失調症の薬は効果があるものですが、副作用として、太ることと、女性の場合は生理不順も引き起こします。この事は、前向きに治療に取り組もうとする患者さんにおいても切実な悩みになっています。統合失調症の薬(抗精神病薬)によって、どうして体重増加や生理不順等が起こるのかというと、ドーパミン(D2)受容体と呼ばれる場所に...

スポンサーリンク統合失調症のドーパミン仮説を知っておこう脳内で働いているいろいろな物質を調べる研究は生化学的研究とよばれ、医学界ではさかんに行われてきた研究分野の一つです。統合失調症においても、それ特有の脳内の物質の変化を調べようと多くの研究が行われています。 統合失調症では、その治療薬の作用を手がかりにして研究が行われてきました。 統合失調症に対しては抗精神病薬とよばれる薬が有効であるのですが、...

スポンサーリンク統合失調症の治療で気をつけなければならないのは再発です。統合失調症は、再発しやすい疾患です。また、再発を繰り返すたびに、症状が悪化し、回復に時間がかかるようになります。適切な薬を選び、適切な量の抗精神病薬の服用は再発の可能性を低くします。本人がよく理解したうえで、薬を継続し、適切な心理社会的リハビリテーションを行うことで、再発する可能性を下げる事が大切です。回復には、さまざまなリハ...

スポンサーリンクだいぶ以前から、統合失調症で入院中、通院中の人がある日、突然、亡くなってしまうという事が起こり続けています。現場で働くスタッフや遺族の方は、抗精神薬のせいではないかと薄々感じていたようです。しかし日本においては、突然死に関するデータが無く、原因が追究される事はありませんでした。ここ数年の間に、海外の研究によって、いろいろなデータが出てくるようになり、突然死に関することがかなり具体的...

スポンサーリンク今のところ、統合失調症は完治する病気ではありません。将来、統合失調症が完治する未来はくるのでしょうか?統合失調症の研究、現場、でのこれからの展望を見て行きたいと思います。現在、統合失調症の研究において、新たな試みとして流行しているのはiPS細胞です。脳の生体検査は不可能ですから、珍しい遺伝子変化を持った統合失調症の患者さんから細胞を提供して頂き、iPS細胞をばいようして神経に分化さ...

スポンサーリンクエビリファイってどんな効果があるの?統合失調症にはドーパミンという神経伝達物質が深く関係しています。エビリファイは、統合失調症の陽性症状にも陰性症状にも効果がある薬です。脳内のドーパミンのバランスを整えることにより、陽性症状の時の幻覚・妄想などの症状を抑え、不安定な精神状態を安定させるとともに、陰性症状の時のやる気がしない、何も興味が持てないといった症状を改善させる薬です。エビリフ...

スポンサーリンクリスパダールってどんな薬?リスパダールは1996年に発売された抗精神病薬(統合失調症の治療薬)です。抗精神病薬の中でも第2世代(非定型)という新しいタイプに属し、古い第一世代(定型)抗精神病薬と比べるとその副作用は少なくなっています。といっても、副作用が全く無いわけではありません。その効用と副作用について見ていきましょう。スポンサーリンクリスパダールの効果1、気持ちの高ぶりや不安感...

スポンサーリンク統合失調症とは、思考や知覚などの面や感情・コミュニケーションなどにおいてなんらかの原因によって歪みが生じてしまい、そのことによって特徴付けられる症状を引き起こす精神障害の一種とされています。症状については主に幻覚・幻聴・異常行動などが挙げられます。ただ、統合失調症は患者によって引き起こされる症状は多種多様に存在します。多くの患者に共通することとしては症状が慢性化しやすいという傾向が...

スポンサーリンク統合失調症を患っている方であれば、当然のことながら医師から処方された薬を決められた通りに服用していることでしょう。実際に、こうした薬の服用によって生じるかもしれない副作用についても心配する声が上がっています。統合失調症は精神的な病であり、辛い症状を緩和したり、悪化を防いだりするためには、抗精神病薬の服用がどうしても必要となることでしょう。しかし、この種の薬の服用によって便秘になりや...

スポンサーリンク統合失調症は、精神疾患の一種で、幻覚や幻聴などが出現し、場合によっては異常行動を起こすことがあります。精神疾患であるため、病状を特定することが非常にむつかしく、人により発症メカニズムが異なるため、治療が困難な病気です。過去には精神分裂症と言われていた時期もありましたが現在では統合失調症という診断名になります。この病気を引き起こすリスクファクター(危険因子)は、患者の環境や年代により...