統合失調症 原因

統合失調症の原因について記事一覧

スポンサーリンク統合失調症の原因が母親にある場合とはどういう事でしょうか?先ず、母親が妊娠中にウイルスに感染すると、統合失調症の発症リスクが高まると言われています。特に風疹ウイルスは、厄介者で胎内で胎児に色々な悪い影響を与える事が分っています。母親が風疹にかかると、発病リスクは通常の約5倍ぐらいになるそうです。母親の妊娠中に身近な人が亡くなったりすると、ストレスが胎児の成育に悪い影響を与え、統合失...

スポンサーリンク対人関係、仕事などのストレスが症状を悪化させていると言われる統合失調症です。正確には、ストレス性の統合失調症という病名は存在しません。ストレスからくる統合失調症と言いますが、統合失調症は内因性のものです。脳内の神経伝達物質の伝達系の異状で症状が起こります。脳内のネットワークが上手く機能しない状態を言います。それに対しストレスが原因の精神疾患は心因性と呼ばれる神経症の病気になりますの...

スポンサーリンク統合失調症を発症する原因は、今のところよく分っていませんが、大きなライフイベントが発症のきっかけになる場合が多いようです。また、家庭環境が影響する場合もあると考えられています。そして、遺伝的要素もあり親や兄弟姉妹に統合失調症患者がいると、いない人に比べて、発生確率は高くなる事がわかっています。統計によると、統合失調症の患者さんの子供が統合失調症を発症する確率は16.4%、その孫にお...

スポンサーリンク統合失調症は、幻覚や妄想などの症状を特徴とした、脳の機能障害による疾患の事です。 症状は大きく分けて二つに分けられます。、幻覚や 妄想が活発にみられる陽性症状と、行動や意欲が非活動的になる陰性症状です。 思春期から青年期にかけて発症する場合が多いのですが、中高年での発症もかなり見受けられます。 また、約100人に1人が 発病するとされており、決して稀な病気ではありません。統合失調症...

スポンサーリンク統合失調症と遺伝は関係するのでしょうか?現段階では少しですが遺伝も関係しているとしか言えません。貴方の家族に(両親、兄弟)統合失調症の発症者がいるとすると貴方の発症する確率は10%ほどになります。社会全体の発症率が1〜1.2%ですから10倍高くなると言う事になります。高いととるか低いととるかは人によって異なるかもしれません。長い歴史の統計から、一卵性双生子を例のとると、双子のうち片...

スポンサーリンク日本においての統合失調症の発症率はおよそ1%と言われています。100人に罹る割合になります。結構高い発症率になります。その統合失調症の遺伝についてですが、統合失調症は遺伝性が認められている病気であると言えます。ドイツのルクセンブルガーという研究者が行った研究によりますと、統合失調症の患者さんの子供が統合失調症を発症する確率は16.4%、その孫においては3%との統計が出ています。先ほ...