統合失調症 接し方

統合失調症の方との接し方について記事一覧

スポンサーリンク現在では、統合失調症を治療するための抗精神病薬も、研究の進歩によって開発が進められ、予後も明るい兆しが見え始めています。最近話題になったIPS細胞を使った実験も進められています。これにより今まで生体の脳の研究は解剖しないと出来なかったため出来ませんでした。IPS細胞を活用する事により統合失調症に関わる遺伝子の研究がより進んで行くと期待出来ます。それでも現在、患者さんを抱えていらっし...

スポンサーリンク統合失調症の症状と付き合い方について統合失調症は、脳内の情報を伝える神経伝達物質のバランスがくずれておこる病気です。脳内のネットワークが上手く行かなくなり、症状の出始めの急性期には、妄想や幻覚、特に幻聴が多く診られますが、脳内にネットワークに支障があるため、本人には現実としてしか受け止められない状態です。陽性症状と言います。ご家族や本人が何かをしたから発症したわけではありません。で...

スポンサーリンク統合失調症の特徴的な症状が現れる陽性症状は、幻覚や妄想といった、本来ないはずのないものが現れる症状です。その症状の激しさから急性期とも言われているのですが、その時の患者さんは常に興奮状態にあり、眠る事もなかなかできない状態になるため、周囲の家族も24時間振り回され疲弊してしまう事が多いようです。そのような患者さんにどのように接して行けば良いのかを、その症状を解説しながら考えて行きま...

スポンサーリンク統合失調症の陽性症状は、本来ないはずのないものが現れる症状ですが、陰性症状は本来あるはずのものが無くなる症状です。陰性症状は、会話や行動、感情表出、やる気(意欲)の3つの事が消極的になる傾向があります。1、会話や行動の変化話しのポイントがはっきりしない、話題が急に飛ぶ、相手の話のポイントがつかめない、会話にならない、作業上のミスが多い、行動の能率が悪いなど、会話や行動のまとまりに障...

スポンサーリンク統合失調症の被害妄想に対応するにはどうしたら良いのでしょうか?妄想は統合失調症の特徴的ないくつかの症状の中でも代表的なものですが、特に被害妄想はその対応が難しいと言われています。その訳は周囲の方が、妄想がどの様なものかイメージが出来ないため、妄想を訴える患者さんの気持ちが分らないと言う事と、妄想についての知識がない事があげられます。先ず、妄想とはどんなものか見て行きましょう。統合失...

スポンサーリンク幻覚は統合失調症の典型的な特徴ですが、その中でも幻聴は最も多く見られる症状です。体験出来ないだけに、幻聴を理解するのはなかなか難しいことですが、統合失調症において本人と周囲の方々がどのように幻聴に対応してら良いのかを考えた場合、イメージだけでも掴んでおく事は大事な事です。今回は、統合失調症に多く診られる幻聴の種類と、本人と周りの方の対応の仕方について考えて行きたいと思います。統合失...

スポンサーリンク統合失調症は本人に自覚が無い分、看護も大変になります。また、陽性期の落ち着かない症状の時など、患者さんが男性の場合は力も強く何かと大変なものです。統合失調症の治療は、非常に根気がいるうえにとても時間がかかるものです。特に家族の方や周りの方は、患者さんの言葉や行動に、振り回される事になるので、いちいち対応していると体が持ちません。最初のうちは献身的に看護していても、力の抜き方といいま...

スポンサーリンク統合失調症の人への対応の仕方を職場においてはどう対応したら良いのかを考えてみましょう。その人それぞれの持って生まれた性格や育った環境、能力にも関係するのは、健康な人も同じですが、統合失調症の人の場合はその症状の進行具合も大きく仕事に影響します。しかし、仕事が出来る状態でないと就職はしてこない筈ですので、面接採用する場合は担当医と本人の症状について事前にしっかり確認しておくべきです。...

スポンサーリンク統合失調症の方が復職または新しく職場に入ってこられた時の接し方について考えてみましょう。やはり貴方に先ずやって頂きたいのは、統合失調症を理解して頂く事です。統合失調症は理解するには難しい病気だと言う事は初めからある程度覚悟して望まれた方が良いと思います。統合失調症の症状を理解した上でなければ仕事として成り立たないでしょう。仕事においての統合失調症の方は、まず例外なく体力がありません...

スポンサーリンク友達が統合失調症になった場合どのように接したら良いのでしょうか。先ず最初にやるべき事はインターネットでも本でも良いですから、統合失調症を理解する事から始めて下さい。貴方の友達は貴方が思っている以上に人が変わったように見える可能性もあるからです。何の知識もなしに貴方が友達に接するのはチョット大変かも知れませんから、ちゃんとした知識を持って会った方が良いでしょう。インターネットでも2チ...

スポンサーリンク統合失調症の方は、本人に病識が無いと言う特徴があります。そのために入院させる段階で様々なトラブルが発生するようです。統合失調症の初期に起こる陽性症状は、幻聴、幻覚、妄想などの症状がでるため、周りの家族がそれに振り回される事になります。本来は症状の軽いうちに、精神科での検査を受けるのが一番良いのですが、本人に病識が無いものですから、精神科へ検査のために連れて行こうとすると、抵抗するの...

スポンサーリンク結婚とは、他人である二人が未来の幸せを求めて、手をとり合って歩いて行くと言うイメージを抱きます。時には喧嘩もしながら、それでも寄り添って行ける関係が私は理想だと思う。しかし、それはお互いに人格をリスペクト出来ると事が前提だろう。しかし、その人格が病気によって破壊されたなら、それでもあなたは、相手を同じように愛せるだろうか?人格を破壊しうる病気、それが統合失調症です。統合失調症の研究...

スポンサーリンク交際中の恋人がいて、相手の親が統合失調症だったら、結婚はあきらめますか?統合失調症の発症率は1%ほどで、100人に1人は患う病気ですから、あなたが結婚前なら、あなたもその選択をする可能性があります。自分の親が統合失調症である可能性を含めれば、恋人同士のどちらかの親が統合失調症である可能性は、50%ほどになります。またもし、子供が出来た場合、統合失調症患者の患者さんの子供が統合失調症...

スポンサーリンク統合失調症とは、幻覚と妄想の症状が特徴的な脳のネットワーク異常による病気です。以前は精神分裂病と呼ばれていましたが、最近は統合失調症という名前で呼ばれる事が定着してきました。自分の感覚、考え、行動が病気によって逸脱していることに自覚できないため、周囲の人と交流しながら家庭や社会で普通に生活することが困難になっていくものです。こうした症状の特徴から、夫婦のどちらかが統合失調症を発症す...

スポンサーリンク統合失調症の離婚率は30%と言われています。一般の離婚率が10%程ですから約3倍の離婚率になります。そして統合失調症の自殺率は一般の自殺率の約30倍と言われています。統合失調症を患うと言う事はそれだけで人生が変わってしまうのです。本人にとっても辛いのは勿論ですが、結婚している場合は配偶者にとっても非常に辛いものがあります。陽性期においては、配偶者の妄想、幻覚から来る症状に振り回され...

スポンサーリンク陽性期の妄想や幻聴から起きる暴力に対して、家族がどう対応すれば良いのかを考えた場合、これと言った決まった対処方ではなく、ある程度、臨機応変に対応する必要があります。プロである、精神科の医師や看護師さんが、普段どのように対応しているかを知る事によって参考にして学んで行きましょう。先ず、暴力につながる妄想とはどういったものかを知る必要があります。統合失調症における妄想とは、本人は現実と...

スポンサーリンク統合失調症で家族が崩壊しないために出来る事は何があるのでしょうか?残念ながら家族の中に統合失調症の方が出た場合、今までの家庭環境がガラッと変わってしまいます。本人も勿論辛いのですが、それに振り回される周りの家族もある意味正常な感覚がある分もっと辛い思いをする場合もある事は事実です。統合失調症の場合、病識が本人に無い事が先ず一番のネックになっているようです。精神科へ連れて行くにも大変...

スポンサーリンク最近、統合失調症やうつ病など多くの精神疾患において、再発率を5倍も上げてしまう要因として「高EE」というものが指摘されています。これは精神疾患を持つ患者さんに対する家族の接し方を表している用語です。患者さんにとって最も身近な存在であり、一番の理解者でなければならない「家族」が患者さんに対してどう接するかによって、再発率は大きく変わってくると言う統計が出ています。世界中の多くの研究で...

スポンサーリンク統合失調症の患者さんを抱える家族のみなさんは、倫理的に患者さんには優しく接したいと分っています。しかし、実際に患者さんを抱えてしまうとサポートをする家族の負担はどうしても増えてしまいます。夫が統合失調症になれば、妻は夫の身の回りの世話をしなければならなくなりますし、夫が仕事に行けない状態であれば、妻が代わって働かなければなりません。統合失調症は治療も長期に渡るため、家族の負担は大変...

スポンサーリンク特に最近多くなったような感がありますが、新聞やテレビのニュースで、統合失調症の患者が殺人事件を起こしたと言うような事件がセンセーショナルに報道されます。残忍な手段で人殺しをしても、異常に興奮して意味不明なことを言っていたというような事が伝えられ精神疾患であるため刑事責任能力を問われないとかで有罪にならないということです。そのことが返って反響を呼び煽られて報道されるようです。実際に統...

スポンサーリンク統合失調症は周りの気づきが決め手です統合失調症に多い幻覚や妄想の症状は、本人にとってはハッキリと現実味を帯びて感じられるようです。その中でも幻聴は多くの統合失調症の患者の方に診られる症状で、そのために、周りから見ると意味のない行動や、独り言などが増えてきます。しかし、本人が病識がないのが特徴です。そのため、家族や周囲の人が気付くことが、早期発見・早期治療の糸口となることもあります。...