統合失調症 症状

統合失調症の症状について記事一覧

スポンサーリンク統合失調症は大まかに3つの症状に分けられます。1、陽性症状    幻覚、妄想、思考障害、異常行動2、陰性症状    意欲の低下、無関心3、認知機能障害  理解、それに伴う行動ができない陽性症状の特徴とは?「陽性症状」として統合失調症に最も多く診られるのは幻聴です、自分を否定するネガティブが声が殆んどです。空耳というよりは実際に現実味のある声、テレパシーの様に頭に直接響いてくる声もあ...

スポンサーリンク統合失調症に多く診られる、幻覚や妄想の症状は、本人にとってはしっかりと現実味を帯びて感じられているため、本人は病的な症状とは気付きにくいものです。 家族や周りの方が気付いてあげることが、早期発見・早期治療のきっかけになることもあります。統合失調症が疑われるときは、次のチェックリストを活用してみて下さい。ここ1ヵ月で、以下のような症状がみられる場合、チェックしてみて下さい。1 自分を...

スポンサーリンク統合失調症の陽性症状が出ている期間はどれくらいなのでしょうか?個人差はありますが、陽性症状はその症状が激しい理由から、やがて良い意味でも悪い意味でも落ち着いていきます。統合失調症の症状がたどる3つの過程とは?統合失調症はその症状を時系列に捉えて大きく分けて3つに分類します。1、急性期陽性期とも言われ、陽性症状がである、幻覚、幻聴、妄想が診られ、統合失調症の発症直後で興奮が激しい時期...

スポンサーリンク慢性期の特徴は有るはずのものが無い統合失調症は、前兆期や急性期と言った症状から始まり、休息期や回復期を経て、(この段階で回復へ向かう人、症状が悪化する人が分れます)慢性期に至ります。陽性症状とは、無いはずのものがある状態と言えます。幻聴、幻覚など無いはずのものが、聞こえたり、見えたりします。陰性症状とは、有るはずのものが無い状態と言えます。意欲、集中力が無い、感情が無い状態です。慢...

スポンサーリンク統合失調症は大きく3つのタイプに分類できます「妄想型」「破瓜型」「緊張型」の3タイプです。統合失調症は、幻覚・妄想といった陽性症状無為自閉・感情平板化といった陰性症状集中力や判断力・記憶力の低下といった認知機能障害なが主な症状の内因性の精神疾患です。これらの症状は統合失調症の代表的な症状ですが、患者も一様に同じ症状を発症するわけではありません。タイプには分れますが、それぞれの症状が...

スポンサーリンク統合失調症は大きく3つのタイプに分けられます。妄想型、破瓜型、緊張型の3タイプですが、それぞれの特徴が完全に分れている訳ではなく、重複する症状もあります。分類する事によりより適した治療を行えるため分類しています。今回はその中の妄想型の症状と経過について見て行きたいと思います。妄想型の特徴とは?妄想型は破瓜型や緊張型とくらべ、18歳くらいからと、発症時期は遅くなる傾向がありますが、3...

スポンサーリンク緊張型の統合失調症は最近はあまり見かけなくなったタイプだそうですが、その原因については良く分っていません。緊張型の症状の特徴とは?破瓜型と同様、20歳前後で急激に発病します。妄想や幻覚などの症状につづいて、あるいは理由のわからない不眠などのあとに、次に述べるような緊張症状が起こります。表立った症状がでますので、周りも気づきやすいタイプです。1、昏迷…急に体が硬直くして動かなくなりま...

スポンサーリンク陰性症状と陽性症状の違いは?陰性症状には、どういう特徴があるかというと、陽性症状の方から説明すると分かり易いと思うのですが、陽性症状は「普段はないものがある」という症状です。例えば普通の状態は元気であるということですが、陽性症状の場合は元気があり過ぎて、興奮状態で有ると言えます。そして、本当は事実ではない物に対して事実だと思い込みます。周りが言ってもなかなか聞いてくれません。本人に...

スポンサーリンクうつ病とは?うつ病を発症する、はっきりした原因はまだよくわかっていません。脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレスやからだの病気、環境の変化など、さまざまな要因が重なって発病すると考えられています。現在分かっていることは、うつ病はただ1つの原因のみで発病するのではないということです。うつ病は、何らかの強いストレスが引き金になって起こる場合もあります。ストレスにも色...

スポンサーリンク統合失調症の陰性症状とうつ病は似ています統合失調症は脳内のネットワークが何らかの原因によって機能しにくくなるために発症する病ですが、うつ病や躁うつ病の場合も似たような症状が出ることから素人目には区別がつきません。うつ病のきっかけになることが多いのが、喪失体験です。特に高齢者の場合には歳を重ねる分、喪失体験が増えることから、うつ病を引き起こしやすくなります。このあたりも発症年齢の比較...

スポンサーリンク一般的に統合失調症は次のような過程を経過します。妄想や幻視、幻聴が現れる陽性症状⇒感情の平板化、意欲の欠如、自閉が診られる陰性症状しかしながら、陽性症状が診られないまま陰性症状に至る場合があると言われてます。実際のところどうなんでしょうか?陰性症状のみ出現する事はあるのでしょうか?結論から言いますと、統合失調症でも陰性症状のみ出現する場合もあります。統合失調症は、症状の出かたに個人...

スポンサーリンクパニック障害と統合失調症が併発する場合。または診断の段階で統合失調症と間違えられやすいパニック障害についてお話します。パニック障害とは?パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、ふるえ、息苦しさ、めまいといった体の異常と共に、「このままでは死んでしまうのではないか?」というような強い不安感に襲われる病気です。パニック障害の発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1...

スポンサーリンクアスペルガー症候群とは?アスペルガー症候群とはどのような症状があるのでしょうか。アスペルガー症候群は脳の前頭葉の異常が原因で起こる症状です。アスペルガーについてはいつが発症時期ということは明確に判明しておらず、おそらく生まれつきなのではないかと考えられています。現在は自閉症のタイプの一つとして認知されています。アスペルガ―症候群の人(統合失調症より発症年齢は低いのでこの場合は子供も...

スポンサーリンクパーキンソン病とは?パーキンソン症状とは、手がふるえる、動作がゆっくりになる、他者が動かした時に関節が固い、転びやすいといった運動障害を示します。パーキンソン症状をきたす代表的な疾患はパーキンソン病です。パーキンソン病は1000人に1人の病気とされ、80歳頃までは加齢に伴って増加する傾向があり、65歳以上では100人に1人の頻度とも言われています。 パーキンソン病では、脳の中におい...

スポンサーリンク認知機能障害の原因とは?認知機能とは、記憶、思考、理解、計算、学習、言語、判断などの知的な能力の事で統合失調症では、これらの認知機能に障害があるため家庭生活、社会生活に支障をきたします。認知機能障害の原因としては、脳の前頭葉に障害が起こるのが一つの原因として考えられています。前頭葉に傷が入ることで、前頭葉の受け持ち領域である作動記憶と作業記憶の機能が低下するために仕事や勉強だけでな...

スポンサーリンク自閉症と統合失調症の併発について調べてみました。自閉症スペクトラム障害の人には、妄想性パーソナリティ障害も多いことが分かっています。「空気を読む」ことが難しいため、自分がうまくコミュニケーションを取れているのか自信が持てないことが妄想の一因になります。ちなみに一般人口における統合失調症の割合はだいたい1%程度と言われています。自閉症スペクトラム障害と統合失調症の併発率は129人中4...

スポンサーリンク統合失調症は完治出来るのでしょうか?残念ながら現時点では厳しい様です。インターネットや色々な本などに統合失調症の完治の例が出ていますが、それは未だ時間的検証が必要だと思います。今の時点では、他の情報を選んで再発のリスクを背負うより、(統合失調症は再発の度に難治性になり、繰り返すと人格崩壊に至ります)担当医師と相談しながら先ずは寛解を目指すべきでしょう。寛解しても服薬しながら段階を踏...

スポンサーリンク統合失調症は寛解できる病気のはずですが、3割の方が予後が悪く難治性になります。何が違うのでしょうか?予後が悪くなる原因がいくつかありますので見て行きましょう。統合失調症で予後が悪くなる原因とは?1、低年齢での発症低年齢での発症が予後が悪い最大の原因として考えられる、第一の要因として、症状の発見が遅れる事があげられます。思春期の子供ですので親との会話も普通でも減りますし、普通の子供で...

スポンサーリンク統合失調症において頭痛が発生する事もあるようですが、その原因はいったい何なのでしょうか?頭痛が酷く、統合失調症の方、またはその疑いのある方は是非チェックしてみて下さい。統合失調症における頭痛には、二つの原因があります。ストレスに起因するものと体で感じられる幻覚としての頭痛です。頭痛というのは、ストレスが原因で起こる事もあります。統合失調症はストレス脆弱性というのがあってストレスに対...

スポンサーリンク統合失調症の幻聴について統合失調症における幻聴とは、どう言うものなのでしょうか?幻聴は統合失調症に診られる症状の中でも発生頻度の高い症状です。幻聴とは実際にはあるはずのない人の声や音が聞こえてくることですが、統合失調症患者さんの実に75%が体験するとても特徴的な症状です。幻聴は4つの原因が関わって起こるといわれていますが、その4つとは、不安、過労、不眠、孤立です。不安や不眠、過労は...

スポンサーリンク統合失調症の治療中に再発の前兆ってあるのでしょうか?もしあれば早めの処置も可能ですし、再発にまで至るのを防げるかもしれません。研究によると自覚症状としては、気分が暗くなる、いらいらする、眠りが浅くなる、高揚した気分になる、などがあるようです。しかし、人によって出かたが違いますので、自分のサインを見つける事が必要です。自分の前兆に気づいたら、主治医や専門家と相談する、よく眠る、ストレ...

スポンサーリンク人はどんな時にイライラするのでしょうか?統合失調症を患ってない人でも日常生活においてイライラすることはよくありますよね。イライラを科学的に捉えてみましょう。、何かを我慢してると脳が消耗してイライラします。ストレスの初期段階ととらえてもいいでしょう。機嫌が悪くなると、それが怒りやイライラとして現れます。これらはすべて、血圧を上昇させる原因になり、ストレスホルモンのコルチゾールの値の上...

スポンサーリンク統合失調症は、うつる病気ではありません始めに言いますが、統合失調症はうつりません!!感染症ではないのです。統合失調症の方といくら長い間暮らしていたとしても、感染する確率は0%です。統合失調症は内因性の精神疾患であり、原因は今のところ未だ明確ではありませんが,遺伝的要因と環境要因の両方だろうと言われています。と言っても、統合失調症の方の子孫が統合失調症を発症するとは限りません。多少確...

スポンサーリンクあなたの周りに独り言を良く言う人がいますか?傍から見ていると驚く事がありますが、一説には精神を安定させるために必要な行動だとも言われています。独り言を言う癖のある人の多くは不安や緊張感を抱いており、その気持ちを安定させるために、独り言を言うのだそうです。目の前で起こった出来事を言葉にする事により、もう一人の自分を作り上げ冷静さを保とうとしているのでしょう。独り言には、メリットもあり...

スポンサーリンク統合失調症は症状の現れ方が様々であるため、発症初期の症状があまり目立たない時点では統合失調症と気づかない場合が多いです。統合失調症は早期発見、早期治療ができれば、それだけ良好な予後が期待できる病気ですので、少しでも疑われる場合には精神科の方を受診することが重要になります。統合失調症は本人に病識が無い病気ですので、受診を拒否することが少なくなく、本人をどのように説得して受診させるかは...

スポンサーリンク統合失調症の症状を抑えるために行われる薬物療法では、向精神薬を服用することで副作用も出てきます。その一つが悪性症候群と呼ばれるものです。どのような症状が出てくるのかというと、発汗や血圧の変化といった自律神経症状、筋通や構音障害嚥下障害といった錐体外路症状、そして発熱や意識障害などが出てきます。症状が重く腎障害となった場合には合併症急性腎不全で命を落とすリスクもあります。とはいえ、か...